Sponsored Link

cover

2007年07月14日

カミナ/グレンラガン

カミナ/グレンラガン
カミナの声は小西克幸です。
カミナはシモンと同じ村、ジーハ村の青年で、17歳です。

「グレン」のパイロットで、
シモンの乗る「ラガン」と合体して、
「グレンラガン」という合体ロボで戦っています。

またカミナは、大グレン団の初代リーダーでした。


ところでカミナは、
幼少の頃に父親に連れられて地上へ出たことがありました。
そのため、地中に穴を掘って暮らしている現在の地下世界での生活が息苦しく、村一番の荒くれ者として暴れ回っていました。

ある日、ジーハ村を襲ったガンメンを撃退し、
カミナとシモンは地上へ出ると、
地上がガンメンが村々を襲っていることを知りました。


それでカミナは、
自分をリーダーとした「グレン団」をつくり、
ガンメンの本拠地へと旅を始めました。

後にたくさんの戦闘員が入団すると、
グレン団を大グレン団へと改名しています。


さて、ダイガンザンとの戦いでは、
カミナはシモンを援護するため、
仲間達と共に最前線で奮闘を続けました。

しかし致命傷を負い、
シモンに「漢の信念」を伝えた後、亡くなりました。


カミナを兄貴と慕っていたシモンにも、
恋人だったヨーコにも、
カミナの死はとてもつらいものでした。


なお、カミナのスタイルは、
村長から強奪した日本刀に、
父親形見の紅マントと髑髏(どくろ)の腕輪でした。

また上半身には青色の刺青(タトゥー)を入れ、
V字型の赤いサングラスをかけていました。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by グレンラガン at 00:00 | 登場人物

2007年07月13日

シモン・グレンラガン

シモングレンラガン
シモンの声は、柿原徹也です。
シモンは「天空突破グレンラガン」の主人公です。

はるか未来の地球は、地上ではなく、地価に穴を掘って何百年も暮らすようになっていました。
時折起こる地震と、落盤におびえながら、
地中で暮らしていたのです。

そんな地下世界にある集落「ジーハ村」で育った少年が、シモンです。
シモンは、両親とは7歳の時に地震で死別しています。


気弱なところもありますが、
冷静に状況を見据える判断力も持つ14歳です。


シモンは、ジーハ村の拡張横穴掘りの仕事を手伝っていましたが、
地中に埋まっている珍しい物を探すことを楽しみにしていました。

穴掘りが好きで、
生真面目に掘っているシモンを、
同じ年代の子どもたちはバカにしていましたが、
村では一目置かれていたのです。


そんなある日、
シモンは穴掘りの途中で、
小さなドリル型のキーアイテム・コアドリルを発見しました。

その後、「ラガン」も掘り当て、
地上へ出ていきました。

出会った年上のカミナ(17歳)をシモンは慕って、
カミナの作ったグレン団の一員となりました。


シモンは仲間のヨーコ(14歳)が気になっていましたが、
ダイガンザン強奪作戦当日に、カミナとヨーコの逢瀬を見て動揺し、
作戦をうまく遂行できず、
その結果カミナが死んでしまいました。

兄貴と慕っていたカミナが死んでしまい、
カミナの代わりになろうと戦いますが、
無謀で自分勝手すぎてしまいました。

そのため、
大グレン団の人たちに反発されました。


また、
ラガンからも拒絶されてしまいます。


このラガンとは、
シモンが穴を掘っていたときに出てきたロボットの顔です。

ラガンを動かす際には、
シモンの精神的な起伏でその能力に差が出ます。

カミナの搭乗するグレンと
合体することで「グレンラガン」という合体メカになりました。


一方のグレンは、
カミナが敵から強奪したガンメンです。

グレンラガンは、敵のガンメンと次々と戦っていきます。


さて、
大グレン団の仲間達から一時は見放されてしまったシモンですが、
ニアの言葉とグアームとの戦いにより、
自分は自分であると答えを出し、立ち直りました。

その後は、キタンから大グレン団のリーダーの座を譲られました。


ヨーコに失恋したことも整理が付き、
今度はニアが気になっているようです。

posted by グレンラガン at 00:00 | 登場人物

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。